オウンドメディアを持つメリットとデメリットとは?

オウンドメディアとは、企業や会社が自分達で保有している情報発信の為の媒体の事を言います。

広い意味で言うとウェブサイトやブログ、メールマガジン以外にもパンフレットや広報誌等も含まれますが、デジタルマーケティングにおける定義だと主にウェブマガジンやブログ等を指します。このオウンドメディアを企業や会社が持つメリットは何かというと、まず広告に頼らない会社運営が出来るようになるという点です。

オウンドメディアを利用して、顧客が喜ぶような情報を発信し続けていると、次第にこうした情報に興味を持った客が自然に検索をしてくれて自社のウェブやブログに来てくれるようになります。そうなればわざわざ広告を出す必要もなくなり費用を抑える事が出来ます。また情報を自由に拡散出来るという点も大きなメリットです。オウンドメディアは一般的な広告と違い自分達の好きなタイミングで企画したものを発信する事が出来ます。しかもその情報はどこにものっていない完全オリジナルの情報やサービスなので、ユーザーが興味を持って沢山検索してくれれば検索の上位に自社の商品やサービスが並ぶ事になり、ますますそれによって沢山の客の注目を浴びる事が出来ます。一方デメリットもあります。

まず継続的に運用するのが大変という点です。オウンドメディアは広告費はかかりませんが、その分自分達で企画を考えたり記事を編集したり更新したりしなければならない為、手間もかかります。しかも常に消費者の興味を引くようなサービスや商品を更新し続けなければせっかく興味を持ってくれた消費者もすぐに離れていってしまいますので常に情報を新しくし魅力のあるものにしなければなりません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *