集客に必要な嘘がある!?真似したい店舗作り

店舗を経営するにあたり、集客のための方法というのはたくさん存在します。

様々な手段がいろいろな本などに書かれていて、たくさんの経営者が参考にしていることでしょう。しかし、世の中に出版されているものというのは倫理的な観点から、リアルなことをオブラートに包んでいる場合があります。どのような点に関してかといえば、店舗の集客のためには「嘘をつくべき」ということです。

嘘をつくというのは一般的に悪いことと認識されています。しかしながら、世の中の商売に嘘の一切ないものの方が珍しいくらいです。近所のコンビニに寄ったときに店員が「またお越しくださいませ」と言います。

態度の悪いお客に対しても、そう言うはずです。ところが、本心は二度と来て欲しくないと思っていることでしょう。これはある意味で嘘をついているということになるわけです。テレビ番組のセットというのも同様です。

美しくてオシャレな部屋の中のようなセットを作りますが、カメラの後ろ側には機材しかありません。妙な正義感にとらわれてしまい、正直な気持ちだけで店舗を経営しようとするのはおすすめできません。

店舗は綺麗にしておくべきですが、お客の視線に入るところはとくに磨くべきでしょう。居酒屋であるならば、ボトルキープのお酒を嘘でもいいのでたくさん並べておくべきです。実際のところがどうなのかという目線で見るのは評論家だけです。一般のお客は一見して繁盛してそうなお店を好みます。これが集客の秘訣です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *