O2Oアプリの利用で売り上げアップを実現できます

O2Oアプリはネット上から店舗に、また逆のパターンでオフラインからオンラインに継続的かつ横断的にコミュニケーションを図ることができるので便利です。

消費者の行動を活性化させることが可能なので、百貨店などで有効活用されています。百貨店の場合、店舗情報のチェックやショッピング、クーポン配信などの機能を備えているのが特徴です。

店舗だけでの接点では限界がありますが、O2Oアプリを上手く活用すればユーザーとの接触頻度を増やせるので新規ユーザー獲得に繋がります。O2Oアプリを利用した例で秀逸なのは、カラオケ大手チェーンが仕掛けたスマートフォンアプリのクーポンです。

カラオケ店の悩みと言えば空室で、それを埋めるにはこれまで呼び込みくらいしか方策はありませんでした。ところが位置情報が取得できるスマートフォンと時限クーポンの組み合わせにより、大きな売上達成を得ることができました。

仕組みはカラオケ店を探しているアプリユーザーの位置情報を取得して、近隣の店舗を表示する際に空室を示してクーポンを表示するだけの簡単なものです。満室の店舗を避けることができるので、お得に利用できるユーザーにとっては一石二鳥のサービスと言えます。大手ショッピングモールの狙いは、O2Oマーケティングの強化とはっきりしています。

収入源はEC店舗の出店料ですが、最近は無料で出店できるサービスが増えたことで新規出店する店舗の獲得に苦戦している状況です。そんな中、店舗に集客できるECサービスの戦略を構築しました。

店舗へ誘導できるだけでなく、チェックをしてチェックインした際に溜まったポイントでネットでの買い物に利用することができるので、通販でも来店でも活性できるメリットがあります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *