O2Oのアプリを使い顧客獲得を目指そう

OnlinetoOfflineを略したものがO2Oでアプリを使って顧客獲得を目指します。

ネット上から店舗への誘導を行うビジネス戦略で今注目されているものです。オンライン上で情報を発信してそれを見たお客さんが実店舗に足を運ぶ、そうすることで実店舗の売上につなげていくためネットショップへの対抗手段として使えます。

例えばO2Oのアプリだとクーポンの配信から最新情報の配信を行い常にお客さんの興味を引くといったスタイルです。近くにあるお店を検索できる機能や予約できる機能を取り付けることで利用頻度をアップできるのも特徴と言えるでしょう。

オンラインマーケティングをするとき効果を解析するためには結構難しい手段が必要です。アクセス解析が面倒な方はクーポンを発行するだけでどれだけの人が利用しているのか瞬時にわかります。単純にお店で使用したクーポンの数を数えるだけなので解析も簡単です。

特にIT関係に詳しくないオーナーさんにおすすめの方法なので必見といえます。今はSNSサイトやO2Oのアプリが用意されているので手軽に戦略を立てる事ができるのも魅力です。後者はスマートフォンにインストールするだけなので簡単と言えるでしょう。

ECサイトと店舗在庫の一元化が可能、ネットショップからの注文を店舗で受取ることもできます。ポイントの統合もできるので個別に管理する面倒な作業が必要ないのも特徴です。流通を気にせずサービス導入も可能となっています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *