O2Oとそのためのアプリ

O2Oという用語がマーケティングでは重要視されつつあります。

これはonlinetoofflineの略語であり、要するにオンライン上ではつながっている顧客をいかにしてオフラインでのつながりに持ってくるかということを意識しています。

今の時代、インターネットが発達しており、スマホやそのアプリを利用することで、どんな企業であってもオンラインで顧客とつながることは比較的容易になってきました。

もちろんオンライン上でつながっている顧客が重要ではないと言っているのでは決してなく、オンライン上の顧客も重要ではあるけれども、O2Oということでつまりはその顧客をオフライン、すなわち実際の店舗に足を運んでもらうようにすることがマーケティングの鍵を握っているというのがこの考え方の根底にあります。

O2Oは何か難しいことでもしないと達成できないように思っているかもしれませんが、単純なもので良いのであればそれほど複雑なことは必要としません。オンライン上ではつながっている顧客なのですから、それをうまく利用して実店舗に来店してもらうように誘導すれば良いのです。

それにはアプリの効果的な活用が考えられるでしょう。単にオンライン上のネットショップだけを運用し続けていてはO2Oは達成困難かもしれませんが、アプリを利用して、実店舗に来店してもらえば何らかの優待がもらえるようにするとか、特典がつくようにするだけで十分な誘導になります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *