商売に使えO2Oのアプリとはどんなものなのか

O2Oのアプリと聞いても一般の方にはイマイチわかりにくいでしょう。

これはオンライントゥオフラインの略で商売に使う事ができるツールです。わかりやすく説明するとスマホのO2O用アプリを使って店舗へお客さんを誘導するビジネス戦略となっています。

例えばお店の情報だけでなくクーポンを配信して少しでも足を運んでもらう機会を作るのが特徴です。現在インターネットは最も盛んに使われている場所なので、それをうまく利用して商売につなげるのが成功の秘訣と言えます。

具体例を出すと大手飲食チェーンでは専用のクーポンを配信している、近くのお店をO2Oのアプリから検索できる機能を提供しているので必見です。新メニューの配信や限定メニューの紹介と少しでもお客さんと接点を持つ事が重要となっています。

他にもお店に来店したらそのお店のポイントを貰う事ができるサービスも行っているのが特徴です。お店に来るだけでポイントが貯まるので普段使っているお店への利用回数を挙げる事ができるでしょう。

専用のO2Oをするためのアプリを開設できるツールもあります。POP作成機能や個人店で使える安い料金で利用可能と魅力的な物が多いです。他のツールではお客さんの行動履歴や属性(年齢や性別)を一括管理できるものもあります。

うまくツールを使うことで営業利益をアップさせられるため商売を行っている人は必見です。これからのネット時代には無くてはならない戦略の1つといえます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *