アパレルの会社が自社アプリを採用する理由

この頃、日本でもやっとスマートフォンを利用する人が増えてきました。

それに伴ってアパレル会社がアプリを採用するには多くの理由が存在します。まず、アパレルの会社は原価率が非常に低いことがありますので自社で使えるポイントに関しては多く付与することが可能になっています。つまり、アプリにポイントカードの機能をつける利点が存在します。今までもポイントカードとしては、昔から存在していました。

ただ、物理的なカードだと会社側にとっても発行する費用と手間が存在しますし、ユーザ側から見ても財布の中身が重くなるというデメリットが存在しました。それがアプリにするとその点のデメリットがなくなることが大きな利点といえます。また、アパレル会社にとってはO2Oとしての機能も期待できます。アプリであれば、クーポンの機能をつけることが簡単にできます。日本人はクーポンが好きなところがありますので、これによって店頭にお客様が来てくれる可能性が非常に高まります。その点が大きな利点といえるでしょう。

そして、アパレル会社にとっては自社ECへの接続数を増やすことができる利点も存在します。日本では、ECサイトはモール型が人気になっていますが、会社側から見ると手数料が痛い点があります。自社のECサイトで購入してくれればこのようなことがありませんので、自社ECへの接続数を増やすことができるのはメリットといえます。このように、アパレル会社にとってアプリを作ることには利点が大きく存在しますので、今後もこの流れは続いていくことでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *