アパレル会社がアプリを作るメリット

現在は、日本でもやっとスマートフォンをほとんどの人が持つようになりました。

これによってアプリを使う販売促進や費用削減を図る会社が増えてきました。その中でアパレルの会社がアプリを作るメリットが非常に多くありますので、ほとんどの会社が展開を図っております。一番のメリットはO2Oの機能になります。アパレル会社のアプリでは大抵の場合はクーポン機能があります。

日本人はクーポンが非常に好きな民族ですので、この10パーセント引きのクーポンなどを発行することによって店頭に来てもらう一つの契機にすることが可能になるといえます。また、この費用対効果を非常に図りやすい点も利点になるといえるでしょう。もう一つのメリットとしては、自社のECサイトへのアクセス数を増やすことができる点があります。現在のアパレルのインターネットサイトではモール型のサイトが人気になります。ただし、これは会社側から見ると手数料が非常に高いことが問題になってきます。会社によっては売上の30パーセント以上を手数料に取られてしまいます。

これが自社のECサイトを作ればその手数料がなくなりますので、アパレルの会社にとっては自社のECサイトのアクセス数を増やすことは大きな課題になります。アプリは、店頭に来たお客様に対してダウンロードしていただくのがもっとも簡単にしやすい方法になります。そのお客様であればそのブランドが好きなお客様になりますので、アプリより自社のサイトへ引き込みも図りやすいといえます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *