アプリのプッシュ通知機能について

アプリのプッシュ通知は、自社の宣伝効果と利用・販売促進効果があります。

メルマガ等も同じ様な効果がありますが、プッシュ通知の場合はより多く利用者に見て貰えることが期待できます。効率的に宣伝や利用・販売促進を行うことにより、自社の収益向上に大きく寄与します。アプリのプッシュ通知を行う場合に工夫することにより効果が増します。

タイトルを工夫して、利用者に見て貰える様なタイトルにすることが大切です。内容が優れていても、中身を見て貰えないと意味がありません。送る頻度も工夫が大切です。送る頻度が多い場合利用者に迷惑になることもあり、少なすぎても宣伝や利用・販売促進効果が弱くなります。

自社の扱うサービスや商品を想定する利用者に合わせて、送る頻度を決めると良いと言えます。また、送る際の時間の工夫も必要です。平日の昼の忙しい時間にサラリーマン向けのものを送ってしまっては利用者に見て貰えなくなります。想定している利用者に合わせたタイミングで送ると良いです。

平日夜6時から7時以降や(遅すぎても迷惑になります)、土日休日に送ったりするのが好まれます。アプリのプッシュ機能は、オートで送ることもでき、利用者に好まれるタイミングで、オートで送ることで送る方の手間を大幅に少なくすることができます。

オート設定は誕生日設定等もでき、利用者一人一人に合った条件でピンポイントに送れるので、利用者の心を強く捉えることができます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *